エコキュートとは?デメリットなど。

エコキュートとは?

エコキュートなどオール電化の相談が無料

オール電化

 

 

エコキュート、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。むしろ、聞いたことが無い人はあまりいないかもしれませんね。最近はそれくらい有名になってきたのがこの、大気熱を利用した給湯システムであるエコキュートです。

エコキュートとは?

では、このエコキュートとは一体何なのでしょうか。これは正式名称を「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といい、平たく言うと「大気中にある熱を取り込んでから増幅し、それでお湯を沸かす」というシステムです。・・・わかりにくいですよね。そうですよね。もっと平たく言うと、例えば焼け石っていうものがありますよね。あのアツアツに熱された岩石とか、そういったものです。例えばそのアツアツの岩石を水の中に放り込むと、どうなるでしょうか?
もちろん、水が暖かくなります。岩石の温度や大きさと水の量の兼ね合いによっては、水がかなりの高温になるかもしれませんね。これは岩石が持っている熱のエネルギー(すごく熱い)が水に移る事で起きる現象なのですが、何となくイメージがわくかと思います。実はエコキュートのシステムもこれと同じことで、岩石の役割を大気のエネルギーが行っているのです。つまり外の空気を機械で取り込み、それを独自技術で圧縮することで熱エネルギーを高めてあげて、その熱エネルギーを水に取り込んで水温を上げているのですね。

 

 

エコキュートは実績のあるシステム

エコキュートとは?

このエコキュート、実は最近出てきたいわゆる「ぽっと出」の製品ではないのです。エコキュートが最初に日本で導入されたのは2001年のこと。ちょうど2001年といえば人々は登場したばかりのSuicaをおっかなびっくり使ってみたり、イギリスから来た最新ファンタジーである「ハリーポッターと賢者の石」を読んで衝撃を受けたりしながらテレビではナースのお仕事とかショムニを見ていた様な時代です。何だったら日韓ワールドカップの前年にあたります。そんな時代から今日現在に至るまでにはかなりの年数が経過しており、そしてその間、回収などに至る様な特段のトラブルなどの発生は無いということになります。

 

 

エコキュート導入のメリット

ではエコキュートのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。やはり一番のメリットとしては環境にやさしい仕様であることと、ガス給湯器などと比較して光熱費が抑えられるという部分が挙げられます。特に何かを燃焼させる事で熱を得るシステムではないため排気などには有害な物質を含むこともなく、光熱費についてもガスを燃焼させる形式の給湯器と比べて安く抑えることが可能なケースも多いなど、メリットとしては非常にありがたいものばかりとなっています。

 

 

エコキュートにデメリットは存在する?

では、反対にデメリットというものは存在するのでしょうか。
やはりエコキュートも機械ですから、それなりに導入に際してデメリットというのはいくつか存在します。よく言われるのがまず「動作音」です。こちらは低周波の動作音がどうしても昼夜問わず発生するケースがあるため、慣れていないとなかなか音が気になってしまうというデメリットになっています。しかし往々にして音というものは使っているうちに慣れてきますので、よほど過敏な家族がいるなどの場合を除き、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。特に最近の機種についてはある程度音に関する対策も講じられているケースがほとんどなので、特段の心配の種がない場合には気にせず導入した方がベターと言えます。

 

エコキュートとは?

 

また冬場についてはどうしても大気中の気温そのものが低いために熱エネルギーを取り出せず加熱がしにくいという点もよく挙げられるデメリットです。エコキュートは大気中から熱エネルギーを取り込み、それを増幅することで加熱の熱源にしていますので、冬場はどうしても加熱の効率が下がってしまうことがあります。しかし年間をトータルして見渡せば夏場にはガンガン活躍してくれますし、冬場も若干効率が落ちるくらいの程度ですので、こちらもそこまで神経質にならなくても問題ありません。ただし、北海道の内陸部などで冬場の最低気温がマイナス20度近くまでになるような一部地域についてはエコキュート自体が通常仕様のままだと動作できませんので、施工店などで寒冷地仕様にしてもらう必要があります。そしてそんな極寒の地であっても大気中にはちゃんと熱エネルギーがあるといいますから、驚きですね。大気中から完全に熱エネルギーが無くなる温度というのは実は0度ではなくマイナス273度なので、少々の寒さでは熱エネルギーも無くなりません。

 

 

実際に導入するには?

では、実際にエコキュートを導入するにはどうすれば良いのでしょうか?多くの場合はオール電化や太陽光発電のシステムと一緒にこのエコキュート導入を検討していくことになりますので、まずはそういった周辺のシステム、つまりオール電化や太陽光発電についても少し情報収集をしておくと後々業者などと安く交渉ができたりするようになります。もちろんエコキュート単品で導入することも可能です。当サイトではエコキュートの導入方法や業者の選び方から太陽光発電の助成金を取る方法まで様々な情報を提供していますので、そちらも合わせて一度確認してみましょう。
>>トップページへ戻る

 

 

Panasonic2016年度エキスパート工事店最優秀賞受賞業者で安心

↓↓↓↓↓↓↓↓