太陽光発電の補助金

太陽光発電は初期コストがかかる

太陽光発電のNo.1見積りサイト【ソーラーパートナーズ】

 

 

 

最近何かと話題の太陽光発電は、太陽の光を電気に変えて自宅の消費電力に充てるという近未来的でオシャレでエコなシステムとなっています。
さらにその一部の発電量についてはそのまま電力会社に買い取ってもらうという「売電」というシステムも経済的には非常に魅力的ですよね。しかし、何かとその導入には専用のシステムの導入であったり、あるいは太陽光発電に対応できる機材の購入、そして売電メーターの取り付けにソーラーパネルの購入、設置と、太陽光発電生活をスタートするまでには様々な初期費用がかかってしまうことになります。この初期費用さえ掛からなければ最高のシステムなのに・・・と思われる方もいるのではないでしょうか。しかし、安心して下さい、補助金があるんです。
ソーラーパネルのシステムや環境に配慮した設計は何もユーザーのためだけではありません。地球環境を考える上ではとても重要な事ですし、それは国も重々承知のことなんです。ということで、国や自治体から太陽光発電を導入する、あるいは導入しようとして頑張っているご家庭を対象に様々な「補助金」が出ているのです。

 

太陽光発電の補助金

 

太陽光発電の補助金って?

先ほど出てきた「補助金」というワード。これは太陽光発電を導入した人、あるいは導入しようとしている人が国や自治体などの窓口に「あの〜、ウチは地球環境の事を考えて太陽光発電を導入しようと思っています。そこで、この書類に詳しい事を説明してありますので、どうかソーラーパネルの設置費用などを補助してもらえませんか?」ということで申請書を提出し、それが認められると設置費用などの一部を国もしくは自治体から補助してもらえる、というシステムとなっています。
やはり普通に真正面から太陽光発電システムを導入するのと補助金を受けて導入するのではトータルコストに差が出てきますので、ここはもし可能であれば受け取っておきたいところですよね。
基本的には毎年募集が出されていて、それぞれ地域別に情報をまとめているサイトなどでその詳細を確認することが可能です。ほとんどの場合は「住宅用太陽光発電補助金制度」とか、「ecoプロジェクト補助金制度」の様な名前で案内がありますので、そちらを確認してみると良いでしょう。

 

実際の補助金支給額の例

では、実際に補助金を受けるとなると、大体どのくらい補助してもらえるのでしょうか?
例えば平成28年度の神奈川県厚木市の例を見てみると、太陽光発電システムの】設置でまず上限3万円、太陽熱利用システムの中の強制循環型については5万円、さらに太陽光発電、蓄電池システム、エネルギー管理システムと同時に導入した場合は5万円が加算され、それぞれを合計すると結構な額の補助を受けることが出来るのです。もちろん地域やその年度、応募数によって補助額は大きく変動することが予想されますが、実際に補助を出している自治体についてはこのような規模で補助金を受け取る事も可能だということがわかりますね。

 

太陽光発電の補助金

 

補助金を受けるためには?

では、その肝心の補助金を受け取るにはどうすれば良いのでしょうか?
まずは太陽光発電の業者さんなどに「あ、もしもし、ちょっとお宅で太陽光発電の設置を考えているんですけど、設置する機器が10kWの太陽光システム、HEMS、強制循環型の太陽熱利用システム一式として、住所がxxなんですけど、いくらくらい補助金がおりそうな感じですかね?」と電話して聞いてみるのも良いのですが、やっぱりそれは何かとハードルが高いですよね。第一、地元の太陽光発電業者だって、どこが良いのか全然わからない・・・何だったら昔しつこい太陽光発電の営業電話が来ていたことがあってあまりいいイメージを持ち合わせていない・・・というパターンが9割ではないでしょうか。
残念な事に、昔は太陽光発電の設置に関する営業を行っている一部の会社が非常にルーズな営業活動を行っていたことから全国的に太陽光発電やソーラーパネル設置に関する会社の印象があまり良くないという事があり、これが原因で太陽光発電の設置から遠ざかってしまっているという人も少なくないのです。そこで、まずは誰にも会わず、誰とも話さずに情報を収集してみるのもおすすめです。信頼できるサイトからお住まいの地域の補助金や住宅用太陽光発電の見積もりを取ってみる、という所からスタートしてみるのはいかがでしょう。

 

>>トップページへ戻る

 

 

太陽光発電のNo.1見積りサイト【ソーラーパートナーズ】

↓↓↓↓↓↓↓↓